お客様の声

和モダンの落ちつきのある家

Ebina:M様邸 お客様の声

「和モダンのちょっと落ちついた家にしたかったんです」とマイホームについてお話しくださるご主人。奥様とお子さまの3人家族で、今年3月末にご入居されました。
以前は、横浜の賃貸マンションにお住まいで、駅にも近くて暮らすのに不自由はありませんでした。しかしお子さまの誕生と、ご夫婦の人生目標としてマイホームを建て落ちついた生活基盤を構えようと物件を探し始めました。 仕事が忙しくご夫婦の休みも合わすのが難しく、土地探しは、インターネットでの検索がメインでした。条件は、土地鑑のある海老名か平塚で日当たりのいい場所です。これだという物件もなく、ご主人の実家で今土地を探していることを話すと、 ご両親が積極的に探してくれて、今お住まいの分譲地に出会いました。その土地はインターネット上ではなく初めて現地を見た土地でした。現地を見て、南向き6m道路で駅徒歩圏でいいなと思いました。奥様も、この土地なら思っている マイホームを建てられると前向きに検討を始めました。

ご 主人は秀建の会社は知っていましたが、どのような会社で建物はどうなのかは知りませんでした。担当者とモデルルームを見て、奥様と二人でこれならイメージ通りのマイホームができると決めました。 秀建の担当者については「若々しくさわやかで、口調もしっかりしていたので信頼できた」といいます。
間取りの打ち合わせでは、以前の賃貸マンションでの生活が反映されました。マンションは日差しは少なく洗濯物も乾きにくかったので南側に大きなバルコニーを設置し、洗濯物も布団も存分に太陽の日差しを受けられるようにしました。 また、リビングには南側に大きな窓を設け明るく開放的にし、リビング中心の動線でリビングイン階段も設置しました。
M様ファミリーは、日差しをいっぱいうけたマイホームでぽかぽかあたたかな空間につつまれています。

ギャラリー

洗面所の収納スペース。天井まであるのでいろいろな物が収納できます。

奥様お気に入りのバルコニーは横の格子でおしゃれです。バルコニーも通常より奥行きがあります。

雨の日も洗濯物をらくらくと干せる室内物干しは必需品。

対面式キッチンからのリビング。以前のマンションでは背中を向けて料理をしていたのが、子どもの動きを見ながら台所 仕事ができるので楽しいですと奥様。

リビングとつながる和室と、リビングイン階段は熱効率を考えて全て扉で開閉できるようにしました。

吊り戸棚をなくしリビングと一体化したキッチン。朝、東側の窓からの日差しは明るいといいます。

お客様のご希望に合わせて以下のホームページのお問い合わせ内容をご用意しています。いつでもお気軽に秀建までご相談、ご予約、お問い合わせください。

  • 秀建に電話する
  • 無料メール相談

このサイトを広める